菜彩ファーム

水菜・小松菜・いろどり~ふ(ミックスサラダ用野菜)等を静岡県御前崎市で生産しています

土へのこだわりが味に生きる 菜彩ファーム

この言葉をモットーに日々、土との対話を心がけています。土作りを通して、自然の大切さを知り、人としての生き方を学び成長していけるようスタッフ一同努力しております。消費者の皆様には、是非私どもの野菜を食卓の彩りに加えていただければと思います。

菜彩ファームとは

こんにちは、私達の農園「菜彩ファーム」ではたい肥や微生物に着目して、土の微生物バランスと多様化をはかり、健全で美味しい野菜作りを目指しております。

「美味しさの秘訣は土で決まる」をモットーに日々の土作りに取り組み、たい肥作りから施肥・管理・収穫・出荷作業を心をこめて行ない、お取引様や消費者様にご満足いただける農産物を目指しております。

良い土とは

良い土は水はけが良く水もちが良いという「矛盾した機能」を求められますが、たい肥を投入することで土が団粒構造になり土中の微生物が増え、活動が活発になり地力の向上につながり『矛盾した機能』を持つことが出来ます。更に肥料のもちも良くなり環境にもやさしくなります。そんな土壌で育った作物は健康的でおいしい野菜になります。

※団粒構造:土壌を構成する要素が微生物が出した粘りのある成分にからめられるなどして集まり固まったもの

菜彩ファームの強み

微生物を活かした土作り

「土作りこそが、美味しくなる秘訣」をテーマにオリジナルたい肥作りを行っております。

もみ殻・米ぬか・野菜残さを主な原料として、放線菌・糸状菌・酵母等の力により発酵させたたい肥を使用しています。このたい肥には多くの有機物がふくまれ、これが腐植となり、土の物理性・化学性・生物性を改良する効果があります。アミノ酸も多く含まれています。

男女共同参画事業所として

私達農園では育児世代の従業員が仕事と子育てとを両立でき、また定年後の人達もイキイキと働ける職場環境を大切にしております。

働く人の能力と個性を十分に発揮し、活躍できる職場作りを目指しております。

環境に配慮した循環型農業

駿河湾が眼下に広がる牧之原台地。静岡の温暖な気候の中でこだわりをもって野菜を栽培しています。

有機質肥料ともに、生産過程で生じる野菜残さを原料に加えた自家製たい肥を使用するなど、環境負荷の少ない循環型農業を基本としています。

菜彩ファームの野菜

水菜
小松菜
いろどり~ふ
山ほうれん草
空芯菜
こかぶ

菜彩ファームフォトギャラリー